auひかり費用「最大キャッシュバックをもらうには」

auひかりのプロバイダを徹底比較!最強にお得なプロバイダとは

auひかりの契約を考えている人の中で、プロバイダ選びでどこが一番得するのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

auひかりで使えるプロバイダは山ほどあります。どこのプロバイダを選んでも光回線自体はauひかりを使っているので全く同じで、基本プランもさほど違いはありません。

とはいっても、キャッシュバックキャンペーンの金額や、細かいオプションなどには大きな違いがあって、プロバイダ選び如何によっては何万円もの差が生じてしまうなんてことはよくあることなんです。

当サイトでは、過去に光回線の営業マンとしてトップの成績だったこともある私が、auひかりで本当に得するプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

すべての面から総合的に得するプロバイダを選ぶには

プロバイダ業者というのは回線業者と個人をつなぐ役割をしている業者で、プロバイダがなければインターネットというものが成立しないくらい重要なものなのです。

auひかりで使えるプロバイダは次の会社があります。

BIGLOBE、So-net、GMOとくとくb、@nifty、ASAHIネット

プロバイダによってはキャンペーンが大きく違っていたり、オプションが違っていたりと、いろいろな違いがあります。

本当に顧客のためになるような優秀なサービスを提供しているプロバイダを選ぶコツとしては以下のようなものがあります。

1,もらえるキャッシュの金額と受け取りまでが短いかどうか

2,光回線の上りと下りのスピードが早くて安定しているか

3,オプションサービスが充実しているかどうか

上の3つの選び方のコツを解説していきたいと思います。

ポイント1 すぐ振り込んでもらえるかどうかをチェック

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダ各社によってキャッシュバックの総額は1万円以上違っている業者もあります。

キャッシュバックがまったくもらえないプロバイダもありますし、5万円以上のキャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約しても、光回線のauひかり本体自体は変わらないので、基本的な月額料金などに大きな違いはありません。

上記のようなことから、高額であればあるほどいいというわけではなく、確実に振り込んでくれるかどうかを見極めることも大切になってきます。

ポイント2 回線スピードと安定性

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

一ついっておくと、auひかり自体は光回線でめちゃくちゃ早いので、プロバイダが遅いところだったとしても、使えないくらいの遅さになることはあり得ませんのでご安心ください。

ですが、できる限り高速で安定しているプロバイダを選びたいのは山々ですよね。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

3つめに選ぶべきポイントとしては、セキュリティが充実しているかどうかを見極めましょう。

毎日安心してインターネット環境を利用するためには、ウイルス対策が欠かせません。セキュリティが充実していないと個人情報が漏れ出てしまうことにもなりません。

プロバイダ各社のセキュリティが毎月いくらぐらいで使えるのかあらかじめチェックしてから利用しましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりの具体的な項目を一覧表にしているので是非一度ご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

いろんな面で万能なのがダントツで「GMOとくとくBB」になります。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBというプロバイダは東証一部上場のGMOが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの一番の利点はやはりそのキャッシュバック総額だと思います。ですが、キャッシュバックの受け取り手順に注意点があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは数あるauひかりのプロバイダの中でもとくに優秀な回線スピードを誇っています。

GMOとくとくBBの回線速度は下りで平均500Mpbsくらいあるので、キャッシュバック金抱くだけではなくて、回線速度や安定性なども重視している人には、ダントツでGMOとくとくBBがおすすめです!

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のプロバイダはあまりおすすめできませんが、その理由を解説していきたいと思います。

au one net

こちらのプロバイダはKDDIが運営しているプロバイダになります。

そもそもとしてauひかりもKDDIがやっています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auからのキャンペーンを減らしたりキャッシュバックを減らしたりすることにより、ほかの業者が営業しやすくなるという仕組みなんです。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともとメーカー系のプロバイダでしたが、今現在は独立したプロバイダ経営となっています。

それではBIGLOBEのキャッシュバックはどうなっているのでしょうか。最高で5万円くらいとなっています。

とはいっても、BIGLOBEにはキャッシュバック以外のキャンペーンが不十分です。

キャッシュバック金額が5万円以上あって、回線速度も安定していて、オプションなども充実しているGMOのほうがおすすめです。

DTI

このプロバイダは東京電力の孫会社、ドリームトレインが運営しています。

リモートでサポートしてもらえるというメリットがあります。

DTIのキャッシュバックは約4万円くらいありますが、実際に振り込まれるまでの時間が1年以上もあるので、おすすめできるものではありませんね。

auひかりを契約する手順

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 申し込みをする

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

右上にあるエリア検索をクリックして、次のページを開きます。

手順2 個人情報を入力する

次に自分の住所や名前や電話番号などを入力します。

手順3 工事の日程を決める

名前や住所などを入力したら送信ボタンをクリックします。

申し込みフォームの入力が完了すると10日以内に、auひかりから工事の日程と申し込み完了の電話がかかってきます。

この電話で、光回線の工事日程を決めましょう。

手順4 開通

光ファイバーの引き込み工事が完了すると、晴れてauひかりを使うことができるようになります。

auひかりのプロバイダの疑問質問

auひかりのプロバイダの具体的な質問一覧です。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

残念ながらauひかりはプロバイダだけを変更することができません。

auひかりはすこし特殊になっていて、プロバイダと回線がセットになっているので、回線自体を解約する必要があります。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 解約金や違約金について

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

これらの解約金はauひかりの解約金なので、プロバイダはどこでも同じ金額となっています。

質問3 使用しているプロバイダをチェックするには

自分のプロバイダをチェックするには、マイページにアクセスしましょう。

マイページに登録していないときは、クレカなどの引き落とし明細にプロバイダ名が記載されていることが多いです。

auひかりで一番お得な窓口を見つけるには

最近話題のauひかりのキャンペーンで、どこの窓口が一番お得になるのか迷っている人は多いのではないでしょうか。

auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、回線速度や安定性、キャッシュバックキャンペーン、オプションの豊富さ、受け取りやすさ、すべての観点から一番すばらしかったのが「GMOとくとくBB」です。

数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが最強!

結論から言ってしまうと「GMOとくとくBB」が現時点で最強クラスのプロバイダといえるでしょう。

auひかり自体もキャンペーンをやっていますが、GMOとくとくBBから契約することにより追加で以下のような特典を適用してもらうことができます。

1,61000円のキャッシュバックが現金でもらえる!

2,毎月500円以上もかかるひかり電話が3年間も無料で使える!

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりの代理店やプロバイダを比較!

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

上記の一覧表を見てみると、auひかりを契約するのであれば、間違いなく「GMOとくとくBB」だといえるでしょう。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

手に入れることができる特典としては、プロバイダによる特典と、公式サイトがやっている特典の二つがあります。

代理店やプロバイダはauひかりによるインターネットを販売している仲介業者になります。

どこのプロバイダ経由だったとしても公式のキャンペーンももらうことができるので、どこからでもダブルで特典を適用してもらうことができます。

次の項目からは具体的なキャンペーンについて見ていきたいと思います。

auが公式でやっている特典もある

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

auのスマホを持っている人であれば、一番お得になる光回線だと言っても過言ではないでしょう。

auひかりの具体的なサービス内容は次のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

KDDIが公式でやっているキャンペーンは数個あって、すべてのキャンペーンを適用させることができます。具体的に見ていきましょう。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えサポートとして、auひかりにほかの回線業者から乗り換えるときに、違約金などが発生した場合は3万円を上限に肩代わりしてくれるというキャンペーンを実施しています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

返送すると申請を受け付けてから1ヶ月後くらいにauPAYにチャージしてもらえます。現金では負担してもらえませんのでご注意ください。

auPAYというサービスはauPAY加盟店のお店で買い物やショッピングなどができるスマホ決済です。

スマホを持っていないときはプリペイドカードに金額をチャージしてもらえます。

この乗り換えキャンペーンの解約金を負担してもらうためには、以下のような条件があります。

モバイルルーターや固定ネット環境は適用外となっています。

ずっとギガ得プランとひかり電話に両方加入して、3年以上継続すること。

乗り換えスタートサポートを適用するためには、3年で自動更新となるずっとギガ得プランへの加入と、毎月550円かかるひかり電話への加入が必須となります。

公式キャンペーン2 工事費が割り引き!

auひかりの初期費用というのは、回線の引き込み工事がほとんどですが、ひかり電話を同時に申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

一軒家の場合は約4万円、賃貸マンションの場合は約3万円の工事費が無料になります。

工事費用というのは月額での分割払いですが、このキャンペーンを実施すると無料になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

auひかりの光回線を契約期間満了することにより、工事費用を0円にすることができます。

公式キャンペーン3 auスマホがあると割引!

auひかりはauの携帯を持っている人が、ひかり電話を同時に申し込むことにより、auの携帯1つあたり500円から1000円くらいが割引になるキャンペーンがあります。

auの契約プランに応じて割引金額は変動しますが、家族全員でauスマホを契約している場合は、家族全員分の携帯電話がずっと割引されます。

以上のように、auひかりは数ある光回線の中でも特段に優れたキャンペーンを多数実施しているので、auの利用者は圧倒的におすすめですね!

公式キャンペーン4 ホーム5ギガなどが割り引き

ずっとギガ得プランへ申し込みをすることにより、10ギガなどの高速通信ができるプランが約500円割引されるというキャンペーンが実施されています。

上記のキャンペーンを適用するためには、auひかりのホーム10ギガか5ギガに申し込む必要があります。

しかし、この上記の10ギガと5ギガのプランは関東地域でしか提供されていないので、当てはまる人が少ないと思います。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりのプロバイダや代理店では公式サイトとはまた別にダブルでキャンペーンをやっているので、それだけ得することができるのです。

プロバイダがやっている独自のキャンペーンは、プロバイダ各社によって大幅に内容が違っていて、選び方を間違えると何万円も損してしまいかねません。

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 かなりのキャッシュバックがある!

数あるキャンペーンの中で特に魅力的なものとして現金のキャッシュバックがありますね。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

一例を挙げると、GMOとくとくBBは戸建ての場合は約6万円、マンションだったら約5万円もの高額のキャッシュバックを実施しています。

独自キャンペーン2 ルーター端末が無料!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

このWi-Fi端末を無償でもらえたり、レンタルをしてくれるプロバイダがあります。

GMOとくとくBBだったら、何種類かある高性能なWi-Fiルーター端末を1台もらうことができます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダとか代理店の中には、ものすごい高額なキャッシュバックを実施していて、そういうところで申し込んだ方がお得に感じたりもします。

ですが、こういったうまい話には裏があるので、要注意です。

裏のあるキャンペーンを見極めるための注意点について解説しているので、ぜひご覧ください。

注意点1 オプション加入が必須条件になっている

キャッシュバックの条件にオプションが必要と書いてある場合は注意が必要です。

高額キャッシュバックがいくらあったとしても、無意味なオプションで余計な月額料金を払っていたら、時間がたてばたつほどキャッシュバックからすり減っていくという形になってしまいます。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 受け取りまで1年以上かかる

キャッシュバック申請を忘れさせるのが目的かのようなプロバイダや代理店はやめておきましょう。

キャッシュバックの申請忘れを狙っているプロバイダというのは、申請するのが契約をしてから1年後で、さらにそこから受け取るために半年かかるみたいな場合です。

光回線の本契約からキャンペーンの申請まで自動的にあちら側でやってくれるのではなくて、自分から自発的にやらなければならないので、受け取り忘れがどうしても多くなってしまいます。

こういった、お客さんの申請忘れを意図的に狙っているかのような窓口は避けて置いた方が無難でしょう。

注意点3 知り合い紹介が必須だったりする

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

たとえば、自分が契約し終わった後に誰かを紹介しなければいけなかったりするパターンです。

そもそも回線というのに自宅に一つしか備え付けられないものなので、光回線を導入していない家庭のひとをみつけるのは至難の業でしょう。

こういった実現できなさそうなキャッシュバックキャンペーンの条件というのは、結局受け取れないのが落ちなので、そもそもこういう窓口から契約するのはやめておくに限りますね。

こういったことがあるので、確実に受け取れるキャンペーンをやっているプロバイダを選ぶことがとても肝心になってきます。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

金額が高いキャッシュバックを受け取れる代わりに、毎月の割引額が減ったり、月額料金がかさんでしまうものに要注意です。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auひかりは工事費用が完全に無料となっていますが、代理店やプロバイダなどの窓口によっては、auからもらえる工事費を窓口が受け取る代わりに、キャッシュバックとして支払うという、一見するとお得にも見えるキャンペーンをやっていますが、これはよく考えると工事費をキャッシュバックしているに過ぎません。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

結局、一番お得な窓口はどこなのか?

ここからは、キャッシュバックキャンペーンに秀でているプロバイダを比較検証していきたいと思います。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

最もお得な申し込み窓口を選ぶ基準点としては以下のようなポイントがあります。

キャッシュバックの総額が高いこと、オプションなしでキャッシュバックを受け取れること、確実に振り込まれることなど。

下の一覧表以外にも、auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、キャッシュバックでもらえる金額が3万円以上受け取れるところのみを厳選して一覧表にしています。

また、auのスマホセット割りを適用してもらうためには、光電話が必ず必要になってくるので、細かい条件をすべて踏まえた上での厳選に厳選を重ねた比較をしております。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックキャンペーンの金額が高額な上に、毎月550円かかる光電話が2,3年無料になるのでお得です。

とくにauのスマホを持っている人は、GMOとくとくBBがおすすめです!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは東証一部のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、auひかりの数あるプロバイダの中でも圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBは最大キャッシュバック額約6万円が受け取ることができて、約1万円相当のWi-Fi端末も無料でもらえます!

auユーザーが使えるスマートバリューに必要な光電話も無料で加入できるので圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの詳細は以下のような内容となっております。

1,GMOとくとくBBの契約時に、GMOとくとくBBのメルアドを作成します。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なものを入力してから、メールを返信して翌月には振り込まれます。

キャンペーンについての質問

auの公式キャンペーンや独自キャンペーンなどにまつわる質問点などをまとめています。

1,オプションにもキャンペーンはあるか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好きなチャンネルだけを登録して毎月約1600円くらいで使うことができるプランとなっております。

また、すべてのチャンネルを閲覧できる、オールジャンルパックと呼ばれるものは毎月約2700円で見ることができます。

2,5ギガや10ギガのプランのエリアについて

5ギガ、10ギガなどの超高速ができるプランは戸建てのみとなっていて、対象の都道府県は関東のみとなっています。

auひかりは独自の回線を使っているので、通信速度や安定性に高評価があるので、該当エリアであれば快適なインターネットが出来ると思います。

プロバイダを調べ尽くすのは大切

当サイトではここまでに、auひかりの特徴やキャンペーンなどについて徹底解説してきました。

auひかりがやっているキャンペーンとしては、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものの2パターンがあります。

他にも、公式キャンペーンは独自キャンペーンと併用できるので、申し込むときはプロバイダや代理店などから申し込むことによりダブルで特典を適用してもらうことができます。

現在実施されているあらゆるキャンペーンをいろんな切り口で比較してみたところ、GMOとくとくBBが一番お得です。

GMOとくとくBBなら次のようなキャンペーンを受け取ることができます。

1,最高額で6万1千円のキャッシュバック

2,月額550円のひかり電話が2年以上無料になる!

3,高機能ルーター端末が無償でもらえる!

GMOとくとくBBは最強クラスのプロバイダといってもいいくらいキャンペーンが充実しています。

GMOとくとくBBでとくにメリットとして大きいのは、高額なキャッシュバックと回線の安定性や口コミの高評価さだと思います。

ちなみに、以下のキャンペーンも同時に手に入れることができます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,auひかりの工事費用が無料になる!

3,auの携帯を持っている人は1回線で500円から1000円割り引かれる!

上記のように、au公式の特典とプロバイダの独自特典を併用することによりかなりお得になります。